チャイナドレス 中華街

キーワードで探す

検索

カテゴリー

天宝堂 公式ブログ



クレジットあるいはPayPal(ペイパル)のお支払いはこちらをクリックしてください
 
 
 
   古美術(骨董) > 陶磁器 > 定窯 輪花 葵花 白磁碗
 
 
 
前の商品 定窯 輪花 葵花 白磁碗 次の商品
 
 
定窯 輪花 葵花 白磁碗

拡大 ( Size : 70 kb )
 
商品コード : iw130331a05
価格 : 495,000円(税込)
数量
 
 一万円以上は配送料無料
 
 
  北宋時代の代表的な窯である定窯で焼かれた器
北宋(960年〜1127年)
大きさ:直径約11.7センチ 高さ約4.8センチ

涙痕といわれる釉薬がたまっているとことがあり定窯の最大の特徴である。

アイボリーホワイト(象牙色)が美しく人々を魅了してきた。

高台もわずかであるが施釉されており、口縁が無釉なので匣(さや)の中に重ねて伏せて焼いていることがわかる
匣の内側はジグザグに切り込みが入り、上下の器が癒着しないように空間を開けて重ねることができたのである
窯の限られたスペースの中でいかに数多く焼成するか工夫された方法であり、また高台は施釉されているので木製の台に傷つけるのを最小限に抑えることができたのである

匣(さや):焼成するときにそのまま入れると灰がかかり熔けると汚くなるのでそれを防ぐために箱状の器に入れて焼き、その器を匣(さや)という


 
 
 
 
  名 前 : 評 価 :
 
内 容 :
入力する
 
入力された顧客評価がありません。